加齢臭の臭いは人によって違うのでしょうか?

目安時間:約 2分

加齢臭の匂いを例えると、よく言われるのは次のような物にたとえられます。

  • 古い油
  • ブルーチーズ
  • 古本屋さん
  • ろうそく
  • など

 

上記にあげたように様々です。

 

一番の原因は食生活によると言われています。油こっい物を多く食べる方とあまり食べない方では感じる臭いも違ってきます。

ですので、肉が好きと言われる欧米人は、臭いがキツイと感じたりします。

 

加齢臭の発生原因は、皮脂が酸化することで、ノネナールという物質に変化してしまうからです。

 

若い頃はあまり変化しないので、主に汗の匂いだけしか感じないです。

酸化する事によって、ノネナールに変化する理由は、中年になって内臓が弱ってくる事が言われます。昔と同じものを食べても、若いころとは違って上手く消化吸収出来ないので、

皮脂の質が悪くなるため酸化しやすくなってしまいます。

このような理由から、中年は酸化している食品を食べないようにしたいものです。

でも、抗酸化作用のある食べ物を積極的に取れば、体内の酸化も減らす事が出来るので、皮脂の酸化も抑える事ができますので臭いも気にならなくなって来ます。

 

 


プロフィール

●画像タイトル

>案内人:take
詳しいプロフィール

カテゴリー
固定ページ
人気ブログ村