若い人も加齢臭を心配した方が良い

目安時間:約 2分

IMG_0968

周りにいる20代の方からは、加齢臭と言われる臭いは感じられないです。
しかし、中高年になってくると誰もが気になる臭いの一つです。

 

加齢臭の原因になる物質は、ノネナールです。
ノネナールは皮脂の酸化によって発生します。

 

皮脂の分泌は20代より40代の方が多く、30代で一番多く分泌されると
言われていますが、20代の方に加齢臭が起こらないという理由は、
皮脂の分泌自体が少ないことや、酸化を抑える力が中高年の方より
強いのが理由です。

 

しかし、ストレスや不摂生の生活をしているといくら若い20代の方でも、
加齢臭が発生する事も考えられるので注意が必要です。
先ほど出てきた『ノネナール』とは、どの様なものなのでしょうか?
加齢臭の原因となる脂肪酸と酸化した脂質が合わさることによって出来る物質です。

この成分を抑える為にはストレス、食生活の見直しや運動などが挙げられます。

 

加齢臭になりやすい日常の生活に目を向けてみますと、かなり気になる人も多いのでは・・・
例えば、お酒の量が多かったり、一日に吸うタバコ本数が多い人や、
肉類中心の食生活になっている栄養バランスを無視した食事をしている人が挙げられます。

 

このような生活に注意して、日本古来からある食生活に戻す事も大事ですし、
和食や野菜中心の食生活にする事によって臭いを防ぐことが出来ます。

 

野菜が苦手な人もいると思いますが、サプリメントで対応する事も出来ます。

 

現代に於けるストレス社会から考えてみると、20代から30代の若い方も積極的に
対策をしておいた方が良いです。


この記事に関連する記事一覧

プロフィール

●画像タイトル

>案内人:take
詳しいプロフィール

カテゴリー
固定ページ
人気ブログ村